偉人・達人が残したもの

キャリア・デザイン、キャリア・カウンセリングという言葉にふれる機会が多くなりました。夢をもてなくなり、将来的な職業観や仕事に対するイメージが描けない子どもたちが増えているからでしょうか。人生の3分の1の時間を費やす仕事に向き合うことで、偉人・達人といわれる人々は、何を学び、どんなことを教訓として得たのか。子どもたちに職業のプロ、人生のプロがつかんだ生きることのすばらしさをメッセージとして贈るときに参考になります。 

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学校だより・学級通信・進路通信

何もしなければ、何も起こらない。
でも人生において挑戦することの本当の意義は、勝つことじゃないんだ。体験することさ。
人生は勝負じゃないからね。大事なのは、何を体験するかなんだよ。

ボブ・ウィーランドさん(退役軍人)『腕で歩く』より

この本は、ボブとサラ・ニコルスの共著『ONE STEP AT A TIME(一歩ずつ)』に、訳者の遠藤正武氏の『腕で歩く』を加えたものである。

ボブはメジャーリーグの投手になる夢を持っていたが徴兵され、1969年4月、23歳の時ベトナムのサイゴン近郊をパトロール中に地雷を踏み下半身を失った。帰還後、体を鍛えていろいろなことに挑戦した。ロスやニューヨークのマラソンを4回も完走したり、2本の腕でアメリカ大陸を横断したり、トライアスロンにも挑戦した不屈の男である。

巻頭に掲げられている写真を見ただけでボブの凄さに圧倒させられる。拳につける特製の「くつ」と「胴袋」を身につけて4500キロの道のりを、両手を前についてから、体を前方に投げ出して一歩ずつ進む。気の遠くなるような距離を、1日5キロから8キロ進み、3年8カ月かけてロスからワシントンへの横断を果たした。その意思の強さに驚嘆する。

ボブは「皆と同じだ。たまたま足がないだけなんだよ」とさりげなく言うが、足があっても大陸を横断しようなどと思う人はいないだろう。私たちは自分で自分の可能性を見限っていないだろうか。いつも「やればできる」と口先で強がるだけだ。

「人間はね、ちゃんと目標を立てて、それに向かってがんばれば、何だってできるんだ。やろうと思うかどうかなんだよ」と言うボブの言葉には「有言実行」の重みがある。

(『生徒に贈る言葉の花束』佐藤允彦著/学事出版より)


「偉人・達人が残したもの」バックナンバー

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

平成29年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

平成29年はがき新聞研究会ミニフォーラムダイジェスト

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス