偉人・達人が残したもの

キャリア・デザイン、キャリア・カウンセリングという言葉にふれる機会が多くなりました。夢をもてなくなり、将来的な職業観や仕事に対するイメージが描けない子どもたちが増えているからでしょうか。人生の3分の1の時間を費やす仕事に向き合うことで、偉人・達人といわれる人々は、何を学び、どんなことを教訓として得たのか。子どもたちに職業のプロ、人生のプロがつかんだ生きることのすばらしさをメッセージとして贈るときに参考になります。 

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学級通信・学校だより

教養はものを識ることとは関係がない。
やっぱり人の心がわかる心というしかない。
それが日本風の教養の定義であろう。

養老孟司さん(解剖学者)『まともな人』

 養老さんは恩師が口癖のように言っている「人の心がわかる心を教養という」という言葉を紹介して、そのあとに標題の言葉を述べている。そして、「自分だけの考え、自分だけの理屈、自分だけの感情、そんなものがあったところで、他人に理解され、共感されなければ、まったく意味をもたない。そういう徹底的に『個性的』な心をもつ人は、精神科の病室に入っている」と。(中略)

 養老さんは、教養とは「身につける」ものであって「頭の教育」ではないと言う。身につかない知識を大量に頭に詰め込んでもそれは教養ではない。同じ言葉がD・カーネギー氏の『人を動かす』という本のなかにあった。「自分のことだけしか考えない人間は教養のない人間である。たとえ、どれほど教育を受けても、教養が身につかない人間である(コロンビア大学総長・バトラー博士)」。  人の心がわかる心を教養というのは、日本風ではなく世界的な定義である。

(『生徒に贈る夢と希望がふくらむ150の言葉』佐藤允彦著/ 学事出版より)


「偉人・達人が残したもの」バックナンバー

助成物品のご案内

学級力向上プロジェクト

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2021年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス