子どもに届けたい今日のひとこと

「むずかしいのは続けること」「やってみたこと、ためしたことが財産」など、
担任として、校長として子どもたちとのふれあいのなかで
学校生活から拾いあげたちょっといい話。
通信のネタ探しのヒントにもなります。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学級通信・学年だより

代わってあげられないこと

 テレビを見ていたら、突然の腹痛。  しかもそういうときに限って番組は非常に面白い。トイレには行きたいし、テレビの前を離れることもできない。そんなときの母親との会話。
「う〜、困った」
「テレビを見てるよりも、あんたの顔を見ているほうが面白いわ」
「なんとかしてくれえ」

 さて、母親になんて言い返されたでしょうか。
「修、親はどんなに子どものことを思っていても、トイレと歯医者と勉強は代わってあげられないんだよ」

 確かにその通りである。子どもが虫歯になって、親が治療しても意味がない。子どもの成績が悪くて、親が勉強しても、これまた意味がないのである。
 映画『男はつらいよ』で、フーテンの寅さんが自分と他人の違いを説明するときに、
「早え話が、俺がイモ食ってお前の尻からぷっと屁(へ)が出るか?」
 という台詞があるが、私にとっては母親のこの台詞のほうがわかりやすかった。

(『こんな時どう言い返す ユーモアあふれる担任の言葉』池田修著/学事出版より)


「子どもに届けたい今日のひとこと」バックナンバー

助成物品のご案内

学級力向上プロジェクト

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2021年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス