子どもに届けたい今日のひとこと

「むずかしいのは続けること」「やってみたこと、ためしたことが財産」など、
担任として、校長として子どもたちとのふれあいのなかで
学校生活から拾いあげたちょっといい話。
通信のネタ探しのヒントにもなります。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学級通信・学年だより

ゆづり葉

河井酔茗(かわいすいめい)

 一年の始まりです。今年は、どんな年にしたいですか。新しい一年の始まりは、新しい学年へとバトンタッチをする一年でもあります。上級生は、今までみなさんが中心となって担ってきたさまざまな活動を、下級生に任せる立場になります。学年が下の人たちに、バトンを渡すわけですね。(中略)

 

  子供たちよ
   これは譲り葉の木です。
   この譲り葉は
   新しい葉が出来ると
   入り代わってふるい葉が落ちてしまうのです。

   こんなに厚い葉
   こんなに大きい葉でも
   新しい葉が出来ると無造作に落ちる
   新しい葉にいのちを譲って―。

 ここに紹介したのは、河井酔茗という詩人の「ゆづり葉」という詩の書き出しです。
 ちょうど今のみなさんの立場を表現したようではありませんか。「こんなに厚い葉」を上級生に、「新しい葉」を下級生になぞらえてみましょう。上級生は、「厚い葉」「大きい葉」となって、今年は、巣立つ時を迎えます。今までの頑張りを、ぜひ下級生に伝えてほしいと思います。

(『子どもたちに詩の心を伝える講話』小金澤豊著/学事出版より)


「子どもに届けたい今日のひとこと」バックナンバー

助成物品のご案内

学級力向上プロジェクト

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2021年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス