子どもに届けたい今日のひとこと

「むずかしいのは続けること」「やってみたこと、ためしたことが財産」など、
担任として、校長として子どもたちとのふれあいのなかで
学校生活から拾いあげたちょっといい話。
通信のネタ探しのヒントにもなります。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学級通信・学年だより

ヒトもモノも「1コ・2コ・3コ…」

 ある家電量販店でのことです。パソコンの部品を買おうと売り場はどこか尋ねました。店員さんは「その売り場なら4階です」と丁寧に教えてくれたのですが、そのあと「1コ上です」と付け加えました。「え、1コ?」と思わず聞き返してしまいました。そこは3階で、上を指さしながらの案内ですので意味は分かります。しかし接客の場面なら「1階上」か「1つ上の階」と言ってほしいところです。

 よく小学生が「お兄ちゃんは2コ上」とか「妹とは2コちがい」と言います。就職活動中の大学生までもが「2コ上の先輩に相談してきた」などと話しているのを耳にします。それを言うなら、「ふたつ」か「2歳」か「2年」または「2学年」でしょう。ヒトでもモノでも「1コ、2コ…」と数えるのは、いわば“友だちことば”“幼児ことば”です。

 ものの数え方には一定のルールがあります。仲間内の会話ならともかく、改まった場面で適切な数え方ができないと、その人の言語感覚や社会性を疑われることになりかねません。

(『先生のためのことばセミナー』加藤昌男著/学事出版より)


「子どもに届けたい今日のひとこと」バックナンバー

助成物品のご案内

学級力向上プロジェクト

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2021年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス