子どもに届けたい今日のひとこと

「むずかしいのは続けること」「やってみたこと、ためしたことが財産」など、
担任として、校長として子どもたちとのふれあいのなかで
学校生活から拾いあげたちょっといい話。
通信のネタ探しのヒントにもなります。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学級通信・学年だより

「挫折」がそれまで見えなかった次の「夢」への入り口だった。

江川 卓(野球解説者)

 甲子園を目指す球児は、かなりのものを犠牲にしています。10代の少年の生活としてはかなり不自然なことです。しかし、日常と一度かけ離れてみることで、初めて経験できるものが確かにあります。一つは「夢」を持てること。もう一つは「挫折」を経験できることです。

 55回大会の2回戦で、延長12回、押し出し四球で最後の夏が終わりました。その最後の一球を投げるときナインがマウンドに集まり、「おまえの好きなように投げろ」と言った一言が今でも心の財産になっています。それまで仲間との溝があり、しかし、この挫折でその溝は埋まりました。大学野球への夢が頭をもたげましたが、受験失敗に再び挫折と、「夢」と「挫折」の繰り返しが人生そのものではないでしょうか。

(『心を育てる言葉の贈り物』岩田壽夫著/学事出版より)


「子どもに届けたい今日のひとこと」バックナンバー

助成物品のご案内

学級力向上プロジェクト

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2020年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス