子どもをやる気にさせる話

子どもがやる気を出すとき、その意欲の源となるのは夢と希望です。「あんなふうになりたい」「こんなことをやってみたい」という夢みる力と、「ボクにもできる」「ワタシだってやれる」という希望を子どもたちにどう与えるか。
そのヒントがギュッとつまった話をご紹介します。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学級通信・学年だより

結果を思わぬこと――それが行動のこつだ。

辻 邦生(作家)『雲の宴』

 何もしないうちから「そんなのできないよ」と言ってやろうとしない子どもがいる。できないのではない。失敗を恐れてやろうとしないのだ。失敗したら笑われるし、かっこ悪い。そんな自分が許せない。傷ついた自分を認めたくない。だからやる前から自分を守ろうとして動かない。(中略)

 失敗したっていいじゃないか。自分の思うような結果が得られなくても、全力を尽くしたのなら自分を責めることはない。やろうとしたことが自分に向いていなかったことが証明できたのだから、それはそれでいいではないか。恥じることはない。

 何でもいい。自分の好きなもの、やりたいことに打ち込めばいい。その姿勢を保ち続ければ豊かな人生が待っているだろう。大切なことは、できないこととしないことを混同しないことだ。

(『生徒に贈る夢と希望がふくらむ150の言葉』佐藤允彦著/学事出版より)


「子どもをやる気にさせる話」バックナンバー

助成物品のご案内

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2019年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス