子どもをやる気にさせる話

子どもがやる気を出すとき、その意欲の源となるのは夢と希望です。「あんなふうになりたい」「こんなことをやってみたい」という夢みる力と、「ボクにもできる」「ワタシだってやれる」という希望を子どもたちにどう与えるか。
そのヒントがギュッとつまった話をご紹介します。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学校だより・校長室だより

学校のよいところはどこですか?

 学校の紹介を新聞に載せて、本校のよいところを地域のみなさんに知っていただくことになりました。みなさんが考える学校のよいところはどこでしょう。

 職員玄関を入ったところに、全校の友だちに考えてもらった「◯◯小のよいところ」が掲示してあります。「1年生〜6年生までが仲のよいところ」「ランチルームで先生も一緒にみんなで給食を食べるところ」「朝マラソンを頑張っているところ」「花だんに季節の花がきれいに咲いている」「先生がやさしい」等々。

 ◯◯っ子のみなさんは、学校のよいところをたくさん見つけてくれました。ありがとうございます。学校のよさをつくるのは、みなさんの態度・行動です。よさをもっと大きくふくらませましょう。

(『教師の願いを子どもに届ける今日の一言』武正光江著/学事出版より)


「子どもをやる気にさせる話」バックナンバー

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

平成29年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

平成30年度教育シンポジウムin高知

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス