担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学級通信・学年だより

「僕はウナギだ」

 これは金田一春彦氏が、食堂に入って「ご注文は?」と聞かれた場面で使われる日本語表現として例示しているものです。

「私は」「…である」という文型に照らせば、「僕・イコール・ウナギ」となってしまいます。そうではないことは日本語を母語にしている人なら誰にでもわかりますが、外国人には奇異に感じられる表現のようです。この場合は「僕(の注文)は、ウナギ」「(君はカツ丼でも)僕は、ウナギ」と、他人とは違う要望や好みを表す用法で、「自分」の意思を打ち出す意味が一人称に込められています。

 こうした日本語の文例からも、その人の意思や考えを伝える場面では、主語をおろそかにせず、その場面にふさわしい人称代名詞を選んで使うことが大切なことがわかります。

(『先生のためのことばセミナー』加藤昌男著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー

助成物品のご案内

学級力向上プロジェクト

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2021年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス