学級通信 お役立ちコラム

第30回 ① 親の関わり(保護者向け)
 先日カナダに住む友人から「子どもの成長には親の関わりが大切という意識が強く、勉強も習い事も親が関わろうとする。下校後は塾や習い事に行かせる日本とは大きく違う」と聞きました。以来、少し早起きして宿題のチェックを始めました。最近は登校前の数分間で漢字の書き順や九九を確認しています。帰宅後は「まずビール」ではなく、息子と一緒にボールを蹴る。結果、運動後の食事のおいしさを再認識。晩酌はテレビを見ながらではなく、娘の今日習ったピアノを聞きながら。結果、音楽が家族の時間に加わり、演奏後の拍手で娘も笑顔に。親の関わりを意識するだけで、こんなにも日常が心豊かになることをカナダの文化から学びました。

第30回 ② なぜ毎日「音読」をするの?(子ども向け)
 人は言葉の意味を「音(おと)」とセットにしておぼえています。ただ字をながめているだけではほとんど意味をおぼえられません。言葉の意味をあたまの中から出したりおぼえたりするためには、字を「音(おと)」にしなくてはならないのです。そして、字を「音(おと)」にする早さが早くなればなるほど、あたまの中から一度にたくさんの意味を引き出すことができるため、よりたくさんの言葉や長い文をいっぺんに、正しくわかるようになります。それでは今日も、登場人物の気持ちになって、元気に音読(=字を「音(おと)」にかえる練習)をしましょう!

「学級通信 お役立ちコラム」メニュー

助成物品のご案内

学級力向上プロジェクト

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2020年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス