担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより

ありがとう

けさ起きてから今までに、腹が立ったことあった? 手元にある紙に全部書き出してみよう。

「こんなことをすると、せっかく忘れていたのに、また思い出して腹が立ってくるじゃないか」という人もいれば、「これでスッキリした。今度腹が立ったときは、こうしていっぱい書き出して腹から出しちゃえばいいんだ」と思った人もいたかもしれない。

私は腹が立ったり、不満をもったりしたとき、自分を楽にするために次の手を使うことにしてるんだ。「ありがとう。ありがとう。あなたのおかげでありがとう」と3回自分の心に声をかけ、「だれのおかげでお前はきょうも元気で生きていられるんだい?」と自分に問いかけることにしているんだ。

感謝の気持ちに切りかえると、不思議に心がおだやかになり、体が軽く、楽になっていくんだよ。君も試したら?

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー