担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより・学校だより

孤独なんてこわくない

 自分なりに一生懸命やったのにそれを無視されたり、「あら、あんたも居たの?」と、まるっきりそこに居ることすら意識されず、存在を否定されるような言葉を投げかけられると、人は孤独の淵に突き落とされたような気持ちになるものだ。

「ここに居てくれるな! とにかくどっかへ行ってほしい」と言葉を投げつけられたときがあった。投げつけてくる人への憎しみの気持ちもあったが、それよりも、何よりも、そんな自分の存在でしかなかったのかと思うと、自分に対して本当に情けない気持ちになった。と同時に、このときほど孤独を感じたことはいまだかつてなかった。

 そのことを心許せる親しい人に話したとき、とても済われた言葉が返ってきた。
「生まれてきたときは一人、死ぬときも一人だよ。結局は一人で生きていくしかないんだよ。そりゃあ、長い人生にはいろんな人のお陰を受けながら、その支えもあって生きられるんだけれど、あくまでも生き続け、生き抜くには、自分を頼るしかない。もう一人の自分をいつもそばに置いて生きていくんだよ。ぼくはそいつにいつも相談したり、アドバイスを受けたり、励ましてもらったりしているよ」と。

「そうか。そうすれば孤独なんてこわくないんだ!」と思った。
 その後も孤独感に襲われることがある。そんなとき、左手は自分。右手はもう一人の自分だと思って、「頑張ろうぜ! くじけるな! 必ずいい時が来るって」と握手して励まし合う。そのとき、私の胸は熱くなり始め、「行くぞ!」と体が起きてくる。

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー