担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


私なんか、どうせ…だもん

「あの人はいいよね。だって、いい成績ばっかり取っているんだもん」
「あいつはいいよなあ。だってさあ、何やったっていい結果出すもん。それと比べて自分はなんて人間なんだ。何かやれば失敗するし、結果は悪いし、やればやるほど落ち込むばかり」
「ああもう止めた!」

きみは今、こんな気持ちで生きていないだろうか。
人間の世界には上には上があり、信じられないようなことを成し遂げている人が大勢いる。
でも、「それがどうだっていうんだ」と、一度は開き直って自分を見つめ直してみないかい。よくできる人をうらやんでみたり、自分の劣っているところを再認識して落ち込んでいて、一体きみの将来に明かりがともるのか。

もう一度、自分の小さないいところをつかんで、それを育てるためにエネルギーを注ぎ込んでいこうじゃないか。投げ出さずに、一歩一歩と地道にやってみようじゃないか。小さないいところもコツコツ育てていくと、きっと大きないいところになるんだよ。それがきみの中に秘めている可能性なんだ。

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

平成29年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

平成30年度教育シンポジウムin高知

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス