担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学校だより・学級通信・進路通信

人の目は節穴じゃない

木の板に節がついていると、そこだけポコッと抜け落ちて、穴が開いてしまうことがある。今ではあまりそのような板を見ることもなくなったが、昔はよく穴が開いている板が見られた。それが「節穴」。そんな板では大事な物を受けても、そこから落ちてしまう。

それを例えて「人の目は節穴じゃない」という言葉が生まれた。つまり、見る力のある人は、ちゃんと「あの人は力があるかどうか」を評価していて、「どうせ頼むのならあの人に」とチャンスを持って来てくれる。見逃さない。

「なんであいつはいつもツイテいるんだ?」と仲間からうらやましがられる人がどの世界でもいる。芸能界でも、実業界でも、いろんな業界で、そういう人がいる。
人は「あの人はツイテいる」と簡単に片付け、「自分はツイテいない」と下向きがちだが、ツイテいると言われた人にはそれなりの魅力があって、その魅力に吸い寄せられてチャンスが手をつないでやって来るのだと思う。

人それぞれいろんな魅力を持っているはずだ。それを誰かが遠くから、あるいは直ぐそばで見ていて、チャンスを持ってきてくれるのだ。
人間の社会は人間が動かしている。だから、魅力を見る目を持っている人が、「この人の魅力をもっと輝かせてあげたい」と思うと、そのチャンスを与えてくれるのだと思う。

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

平成29年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

平成29年はがき新聞研究会ミニフォーラムダイジェスト

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス