担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより・学校だより

あの人と比べて私は……

「あの人と比べて私は頭が悪い」
「あの人と比べて私は下手だ」
「あの人の家と比べて、うちは貧乏だ」
「あの人と比べて私の成績は低い」
「あの人と比べて私はカッコワルイ」
「あの人と比べて私はのろい」
「あの人と比べて私の顔は悪い」  ………

 きみはこのように、いつも「あの人と比べて…」と、他人を基準にして自分の評価をしていないかな(中略)。

 みんな人と比べてどうとかこうとか、いつも周囲の人の目を気にして自分の行動を規制したり、評価したりしないで、「自分としてこうなんだ」という自分なりの評価をもっとすべではないだろうか。  他人の考え方や見方ほ無視しなさいというのではない。他人のやっていることもよく見て、自分の成長の糧に取り入れればよい。でも、他人がどう評価してくれるか、どう見てくれるかと、そんなことばかり気にしていると、他人の物差しによっていろいろゆり動かされたりしてしまう(中略)。

 まあ、「あの人と比べて…」はよしたほうがいい。相手には上には上がおり、比べ始めたらきりがない。必ず「私なんか足元にも及ばない」と思う人が近くにいるものである。いつも他人と比較して、自分を下に見てしまうと、そのうちやる気も失せ、ひがみっぽくなり、行動力も鈍って生気を失った魅力のない人間になってしまう。

 はつらつとして、いつも目が輝き、積極的という人になりたいのなら、「あの人と比べて…」は、もう今日限りさようならしよう。そういう人ほど少し優位に立とうものなら、人を小馬鹿にする鼻もちならない人間になってしまうものである。

(『希望と勇気をもって生きぬく40のいい話』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー