担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより

ハングリー精神

 ハングリー精神がないとボクサーは勝てないんだそうだ。(中略)経済的に豊かになって、いろいろな欲望を満たせるようになると、もうそのボクサーは勝ち目がなくなり、ひたすらノックアウトの宣告を受ける日を待つばかりになる。
 満たされることは、もう一歩もう一歩と頂上を目指して登り続けようとする人間にとって、大敵である。ラジオを聴いていたら、こんな話をあるスポーツ評論家がしていた。(中略)

 現状に満足してしまうと、少し苦しいことが目の前に現れると、「このままでいい。何もそんな苦しい思いをあえてすることはないや」と引き下がり、自分の底にある力をふりしぼる努力をしないですませてしまう。

 ハングリー精神というのは決して“不満”とはちがう。不満というのは、自分が満たされないのは、何か周りや相手のせいだと思う心の持ち方であるが、ハングリー精神はそうじゃない。目指す物を持っていて精一杯の努力をしながら、その目標を達成できない苦しみがあり、なんとしてでもその目標地点に立ちたいと、なお一層の力をふりしぼろうとする。そういう精神なのである。(中略)

 やはり、大きく伸びる可能性を持っているきみは、小さな満足感に浸りきってしまわず、未来を厳しくにらんで、前進を意欲し続けてほしい。

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー