担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学級通信・学年だより・学校だより

アラ探しはやめよう

 イライラしているとか、ムカムカしているという人がいると、なぜその人がそのような気持ちになるのかよくわかる。その原因は、相手のアラばかり探しているからだ。

 「あいつのあそこが気に入らない」
「あいつのあそこがムカつく」
「なぜあの人はああなんだろう。もっと○○すればいいのに」(中略)

 相手の欠点を言いたてることによって、ひょっとすると、自分を正当化しているのかもしれない。誰かに言うことによって、「そうよ。そうなのよ。あの人は○○なのよね。私も前からそう思っていたの。ほんとにいやな人ね。あの人は……」といったぐあいに同調してもらい、自分の正当性を認めてもらおうとしているのかもしれない。

 人のアラ探しをしていい気分になることはまずない。どうせ生きていくのに不愉快な世界に何も自分を引き込むことはなかろう。極力楽しい気分で生きていきたいものだ。(中略)

 親や先生が子どもをよく伸ばすには、長所をできるだけたくさん見つけ、それをほめ励ましてやることが大切だといわれている。このことは親や先生だけの問題ではなく、子どもどうしであれ、大人どうしであれ、まったく同じように通用することだ。
 お互いにアラを探し、それを言いたてて何になる。互いに成長を押さえつけ合い、つぶし合っているにすぎない。アラを探す心を相手の長所をひとつでも探す方へ傾けよう。学ぶことも多いはずだ。

(『希望と勇気をもって生きぬく40のいい話』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

平成29年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

平成30年度教育シンポジウムin高知

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス