担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより・学校だより

気が利く生き方

「あの人は気が利くなあ。頼まれた以上の仕事をしてくれる。今度また頼みたい」と信頼を勝ち取る人がいる。そのような人のところへはいい仕事が次々と集まってくる。それはなぜだろうか。

 頼んだ人の最低条件は頼んだ仕事をきちんとやって、締め切りにピタリと間に合わせてくれることだ。頼んだ人には段取りがあり、「あれが来たら次にはこうして」と次の仕事につなげる予定をしている。ところが、出来てきた仕事がいい加減で、しかも期日を守らず大幅に遅れてきたら、もうその後が大変だ。それが期日より早く、しかもプラスアルファの仕事まで気を利かせてやってくれてあると、後の進行がとてもうまく行く。依頼主は当然そのような人にまた頼もうと思うに決まっている。こうして気が利く生き方をしている人のところへは仕事が集まっていくのだ。

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー