担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより・学校だより

一粒の種からきみの大木を

 きみの誕生日はいつですか?
 平成    年    月    日

 この日に、きみは「世界にたった一つの命という種」を持ってこの世に現れたんだね。でも、今それを大事に育てているだろうか。
 その種は芽を出し、今、まだひょろっとした苗だけれど、これからどんな大木に育っていくのだろうか。まだまだ未来の時間がいっぱいある。これからが大いに楽しみだ。
 きみという若木はどんな枝を張っていくのだろうか。そして、その枝枝にどんな希望の葉っぱを茂らせ、花を咲かせ、実らせていくのだろうか。
 そう考えると、胸がワクワクしてくるね。
 自分の可能性を信じきって、時間をかけ、努力を怠らず、じっくり大木に育てていこうじゃないか。

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー