担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより・学校だより

「絶対いいところがあるはず」と自分を信じ、育てる

「ああ、自分はなんてダメな人間なんだ。これといって何のとりえもない。成績は低いし、走りはいつもビリ。長続きもダメで、何をやっても三日坊主。何をやらされても最後まできちんとできず、先生や親に注意ばかりされている。顔も悪いし、表情も暗い。着ているものもセンスがなく、だれにも注目されない。本当に自分ってダメ人間の見本みたいなヤツだ。ああ、つまんな〜い」

 とまあ、きみはこれに似た思いで自分をいつも見ていないだろうか。
 自分をダメ人間と思っている人の一番ダメなところは、自分の可能性や隠れた能力に何の期待も寄せず、「可能性や能力などあるわけがない。いいところなんかあるわけがない」と、いつも「自己否定(自分から自分を認めず、否定すること)」ばかりし、「他人も私のことをそう思っているに違いない」と思い込んでいることだ。

 正直言って、そのような人からは魅力あるオーラは感じられないだろう。「私には絶対いいところがあるはず」と信じ、その発見に神経を注ぎ込んでほしい。

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー