担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより

明けない夜はない

 ある本を読んでいたら、「明けない夜はない」という言葉にぶつかった。心の中の暗い夜も、辛抱強く生きぬいていればきっと明け、明るい太陽のさす朝が来るということだろう。楽は苦の種、苦は楽の種という言葉もある。一生苦労ばかりするとか、一生不幸続きとか、つらい目にばかり遭うということはない。

 

 暗いトンネルの中を歩いているきみにも、さらに歩き続けていけば、きっとあかりがさしてくるいい日が来るんだ。トンネルの中で歩くのをやめたら、暗がりで自分をおしまいにしてしまわなければならないじゃないか。

(『希望と勇気をもって生きぬく40のいい話』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー