担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより・学校だより

時には自分をなぐさめよう

 きみは「失敗した!」と思ったことがこれまでになかったかな? 小さな失敗、大きな失敗を合わせると、私は子どものころからずいぶんしてきたように思う。

 人間はたびたび失敗をくり返すと、自分の能力を疑いたくなり、劣等感さえ頭をもたげてくる。あげくのはてには、「もう何をやってもダメだ。もともと自分には能力がないんだ」と思い込んでしまったりする。そこまでいくと、悲しいかな、やる気もなくなって、無気力に、ただダラダラと生きているだけの人間になり下がってしまう。

 そこで、私は自分が失敗したとき時、誰もなぐさめてくれなくても、せめて自分がもう一人の自分をなぐさめてやろうと思っているんだ。その失敗が仮に相手に迷惑をかけたとするなら、まずそのおわびをすべきだが、それだけで自分の心はおさまらない。「なんでこんなドジを踏んでしまったのだろう」と,気分がめいる。その時、もう一人の自分を登場させて、励ますんだよ。

 「がっかりするなよ。落ち込むなよ。先が長いんだぜ。みんなはあまり失敗もせずスイスイいってるみたいだけど、あれでけっこう失敗しているんだよ。とりわけ、うまくいっているみたいに見える人ほど、失敗も重ねているんだよ。要は、失敗でくじけないことだなあ。あまり自分をダメ人間だと思い込まないことだよ。それをこやしにして、成長するんだよ。その失敗を生かして、改良して、もうひと頑張りしてみるんだよ。うまくいった時の味は何ともいえないものだよ(後略)」とね。

(『希望と勇気をもって生きぬく40のいい話』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー