担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


○○ごっこ・・・と思えば心も軽く

私は「なんでこんなことをやらなくてはならないんだよォ」と思うことが、ときどきあります。きみもあるでしょう。家でも、学校でも、友だちの中でも。
例えば、
・なんでこんな勉強、しなくちゃならないんだ。
・なんで部活で、こんな球拾いばっかりしなくちゃならないんだ。
・なんで私ばっかりうちの手伝いさせられるのよォ。
・みんな怠けているのに、どうして私だけ係だからって、やらされなくちゃならないの?
こんなことって、毎日の生活でいろいろあるよね。

なんで、なんでと思うと、どんなことでもやるのがいやになり、できたら投げ出したい気持ちになります。でも、そこから逃げるわけにはいきません。

こんな時、私は「ごっこ感覚」でやることにしているんです。勉強は「勉強ごっこ」、部活の球拾いは「球拾いごっこ」、家の手伝いは「手伝いごっこ」と、何でも一種の遊びと考え、「どうせやるなら遊びのつもりで楽しくやろう! その方がうんといい結果を出せるよ」と自分に言い聞かせて、何事も取り組むんです。そして、ゆううつ気分をルンルン気分に切り換えてしまいます。

不思議に能率よくいい仕事ができることに気がつき、その後は少しゆううつな気持ちになりかかると、何でも「それ!ごっこ気分に切り換えてやろう!」と自分に言い聞かせて、励み直しています。意外にいい結果を出せて気分良くしています。

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー