担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより・学校だより

目標を持つと頑張れる

① あなたのきょうの目標は何ですか。
  第1目標:                                   

② この目標を達成させるために、きょうはどんな努力をしていますか。
  どんな頑張りをして(しようとして)いますか。
  頑張り点:                                   

 あなたのきょうの目標達成のための努力は、きっと人生目標達成の道へとつながっています! その努力はちょっとやるだけなどという努力ではないかもしれません。「なんでここまでやらなくちゃならないのか」と思うほどの努力を必要としていることかもしれません。真っ直ぐにいい結果につながっていないかもしれませんが、きっとつながっています。曲がりくねった努力の道なので、いい結果が曲がり角の向こうにあって見えないかもしれないのです。
 そのことがわかるのは10年後、20年後、いや30年、40年後かもしれません。第一人者はどの分野でも、みなこの道を歩んできています。

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー