担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学級通信・学年だより・進路だより

「自分はダメ人間」から脱皮する方法〜自分をちがった角度から見る

 私にはダメなところがたくさんある。
×子どもの時から鉄棒で尻上がりができたためしがない。今もできない。
×音楽がダメ。歌うのも下手。音符が読めない。楽器が弾けない。
×方向音痴で、地理も覚えが悪い。

 こうしてダメな方から自分を見ると、「ダメ人間」要素をいっぱい持っている。
 でも、もうそんなふうに自分をみじめに見るのは止めたんだ。そんな見方ばかりしていると、生きていても楽しくない。人から見て普通のことだって、自分では劣っているように見えてくる。こんな考えで生きていて、幸せ感が持てるわけがない。自分だけみじめ感を持って勝手に苦しんでいるなんてばかばかしい。

 それで、発想を変えて自分を別の角度(良い方)から見直してみることにした。
◯その気になると、とことん粘ってやりぬく。
◯仕事がていねいでごまかすのが嫌い。
◯食べ物に好き嫌いが全くない。
 「おっ、お前にはいいところもあるじゃないか」ともう一人の私が励ましてくれた。これを大事にして生きていくかと元気が出てきた。

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー