担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学級通信・学年だより

普通の正体

 諸君は、「あの人変よね」などと簡単に言っているが、これはじっくり考えてみる必要がある言葉だぞ。(中略)
 だいたいからして他人を指さして「あの人変ね」という者は、自分は変でないという妙な自信を持っている。相手が変で、自分は正しいという自信だ。
「だって、相手が変なら自分は正しいんじゃないですか?」
 違う。君から見て相手が変な場合、相手から見れば君が変なのだ。(中略)「変」という価値は絶対的なものではなく、相対的なものなのだ。そのことを知らない諸君が多すぎる。

 似たものに、【普通】がある。「普通さあ、あんなことしないよね」というものだ。いったい【普通】ってなんだ?
「一般的ってことでは?」
 じゃあ何が一般的なのだ? 普通の真ん中にいるのは君自身だろう。
「私ならあんなことしない」と言うべきところを、気づかないうちに一般化しているわけだ。

(『こんな時どう言い返す〜ユーモアあふれる担任の言葉』池田修著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー

助成物品のご案内

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2020年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス