担任から子どもたちへのメッセージ

公立中学校教師歴35年、学級担任歴27年の経験をもち、1960年から学級通信を出し続けてきた山田暁生さんによる「通信で伝える希望のメッセージ」。子どもたちが「自分の居場所」を確認でき、「自分への期待感」がわき上がり、「未来への希望」がもてるようなメッセージの数々は、実体験の深みがあり、子どもたちへのプレゼントのような温かみがあります。通信やお知らせの囲み記事、空きスペースを有効活用するために使えます。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学級通信・学年だより・学校だより

ふしぎ

金子みすゞ

   わたしはふしぎでたまらない、
   黒い雲からふる雨が、
   銀にひかっていることが。

 

   わたしはふしぎでたまらない、
   青いくわの葉たべている、
   かいこが白くなることが。

   わたしはふしぎでたまらない、
   たれもいじらぬ夕顔が、
   ひとりでぱらりと開くのが。

   わたしはふしぎでたまらない、
   たれにきいてもわらってて、
   あたりまえだ、ということが。

 この詩の題名は「ふしぎ」です。雨や桑の葉や夕顔などの自然現象や植物といった、身の周りの事柄について、詩人はそれを当たり前だとは思っていませんね。どうやら、そうなっていることが「ふしぎでたまらない」みたいです。このような気持ちになったことが、みなさんにはありませんか。これは、とても重要な気持ちではないかと思うのです。(中略)

「好奇心」というのは、すべての出発点です。(中略)どうしてそうなるのかを考え、調べてみようとすることが、みなさんの力をどんどん伸ばす原動力となるのです。みなさんも、何か気になるようなことがあったら、そのまま放っておかないで、調べてみましょう。考えてみましょう。(中略)

 今日から二学期です。授業や学校生活の中から、「あたりまえ」と思っていたことを「ふしぎでたまらない」思いに変えてみるスタートの時期にしてみてください。みなさんが「ふしぎ」に思う気持ちに期待しています。

(『子どもたちに詩の心を伝える講話』小金澤豊著/学事出版より)


「担任から子どもたちへのメッセージ」バックナンバー

第12回理想教育財団教育フォーラム

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2018年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス