子どもに届けたい今日のひとこと

「むずかしいのは続けること」「やってみたこと、ためしたことが財産」など、
担任として、校長として子どもたちとのふれあいのなかで
学校生活から拾いあげたちょっといい話。
通信のネタ探しのヒントにもなります。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学校だより・校長室だより

生長

 武者小路実篤という人がいます。伝わりやすい言葉で、たくさんの詩を作りました。その作品の中に、「生長」という題名の、こんな詩があります。

 どうしてもとどかなかった枝に
 ふと手をあげて見たら
 楽にとどくようになった

 たったこれだけの詩です。(中略)  木の上の方にあるひとつの枝のことが、前から気になって仕方なかったのでしょう。しかし、それは、とても高いところにある枝です。「どうせ自分にはとどきはしない」と、早々とあきらめてしまっていたところだったのでしょう。でも、やってみるものですね。もう一度、ジャンプしてみたのです。

 そうしたら、今度は楽に手がとどいたのです。
 「どうせ無理だから」と思って、最初から何もしなかったら、どうだったでしょうか。せっかくとどく距離になっていたのに、そのことさえも、わからないままになってしまっていたことでしょう。もったいない話ではありませんか。

(『子どもたちに詩の心を伝える講話』小金澤豊著/学事出版より)


「子どもに届けたい今日のひとこと」バックナンバー

第12回理想教育財団教育フォーラム

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2018年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス