子どもに届けたい今日のひとこと

「むずかしいのは続けること」「やってみたこと、ためしたことが財産」など、
担任として、校長として子どもたちとのふれあいのなかで
学校生活から拾いあげたちょっといい話。
通信のネタ探しのヒントにもなります。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学校だより・校長室だより

新しい学年の新しい決意を胸にスタートです

 新しい学年になったのですから、新しい目標・新しい決意を用意しましょう。
 「あなたは、もう新しい目標を準備しましたか。今年は、何にがんばろうと考えていますか」
 「授業中たくさん発表したいです」
 「Aさんが考えるたくさんは、どのくらいですか」
 「う〜ん。一日に10回くらいかな」
 「Bさんは、どんな目標を立てましたか」
 「1年生に優しくしたいです」
 「どんなときに優しくしてあげられるでしょう?」
 「休み時間に一緒に遊んであげたいです」
 できるだけ具体的な目標にすると、目標達成までの道筋が見えてきます。一日10回発表すると決めたAさん、最初は一日3回、次は5回、スモールステップの目標を考えるといいですよ。Bさん、1年生といつ遊ぶのか、どんなことをやって遊ぶのかも考えておくといいですね。

(『教師の願いを子どもに届ける今日の一言』武正光江著/学事出版より)


「子どもに届けたい今日のひとこと」バックナンバー