子どもに届けたい今日のひとこと

「むずかしいのは続けること」「やってみたこと、ためしたことが財産」など、
担任として、校長として子どもたちとのふれあいのなかで
学校生活から拾いあげたちょっといい話。
通信のネタ探しのヒントにもなります。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学校だより・校長室だより

うるさいなあ

 テレビを見ていたら、お母さんが後ろから声をかけてきた。
「あんたいつまでテレビ見てるの!! いいかげんにして勉強しなさい」
 こんな時、きみはどういう気持ちになるだろうか。
「うるさいなあ。人がテレビ見ていると、すぐあれなんだから。わかってるよう。そんなにいつも繰り返しいわなくったって。いいかげん放っといてよォ」(中略)

 先生と生徒の間でもそういうことがある。(中略)友だちからの注意もそうだ。いずれにしても、注意されてうれしい人はいないけれど、感謝すべき注意だってあるということを忘れてはいけない。(中略)
「いってもらえなくなったら、もうおしまいだよ」といわれることがあるが、たしかにそうかもしれない。(中略)

 注意してあげたほうがその人のためだと思っても「まあいいや。しぶきをかぶるのはあの人自身だし」と引っこめてしまうことがある。考えようによってはこれは大きなマイナスだ。その注意点を改善していけばうんとよくなり、その人の世界だって開けて変わってくるかもしれないのに、そのチャンスを失ってしまうことになる。
 そう考えると、「うるさいなあ」と思う他人の一言は、きみを変え、新しく伸ばしていくキーポイントだともいえるだろう。

(『希望と勇気をもって生きぬく40のいい話』山田暁生著/学事出版より)


「子どもに届けたい今日のひとこと」バックナンバー

第12回理想教育財団教育フォーラム

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2018年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス