子どもに届けたい今日のひとこと

「むずかしいのは続けること」「やってみたこと、ためしたことが財産」など、
担任として、校長として子どもたちとのふれあいのなかで
学校生活から拾いあげたちょっといい話。
通信のネタ探しのヒントにもなります。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象 学校だより・校長室だより

どうせ自分なんか

どうせ自分なんか
落っこちるよ
だって こんな力だもん

どうせ自分なんか
誰も注目してくれない
だって 注目されるもの 何も持ってないもん

どうせ自分なんか
いい仕事につけっこないよ
だって いいコネないからさ

どうせ自分なんか
誰にも人気ないよ
だって かわいくもないし とりえもないし

「どうせ」と思っている間は
青空高く 自分流に飛べる時は来っこない
小さい光でもいい
自分なりの光を放っていこうよ
光り続けていこうよ

(『クラス担任が子どもに贈るハッピーメッセージ』山田暁生著/学事出版より)


「子どもに届けたい今日のひとこと」バックナンバー