子どもに届けたい今日のひとこと

「むずかしいのは続けること」「やってみたこと、ためしたことが財産」など、
担任として、校長として子どもたちとのふれあいのなかで
学校生活から拾いあげたちょっといい話。
通信のネタ探しのヒントにもなります。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学校だより・学級通信

「ない袖は振れない」と言いますが、夢を持たない人は夢を実現しようがない。
夢は多く持てば持つほど、将来に希望が持てる。

白川 英樹(ノーベル化学賞受賞者)

 記念講演会「私の歩んだ道」の中で話した言葉です。
「マスコミの報道の中で、中学校3年のとき書いた作文『プラスチックの研究をしたい』という一念が実ってノーベル賞になったんだというのがありました。実はやりたいことはいろいろあったんですが、一番書きやすかったので書いたのが本当のところです。

 それから、ノーベル賞を受けたということで、特別な頭を持っていると思われるかもしれないけれど、持っているわけではないんです。努力はしましたが」と。続けて標記の言葉を話しています。その後に「夢を実現しようとするには、何がしかの努力が必要かもしれませんが、ともかく夢を持つことが大切なんじゃないかと思っています」と。

(『心を育てる言葉の贈り物』岩田壽夫著/学事出版より)


「子どもに届けたい今日のひとこと」バックナンバー

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

平成29年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

平成30年度教育シンポジウムin高知

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス