学級通信 お役立ちコラム

第23回 ①宇宙飛行士・野口さんたちのメッセージ(保護者向け)
 宇宙飛行士の野口聡一さんが2020年11月にISS(国際宇宙ステーション)に飛び立ち、早くも3カ月が経ちました。野口さんをはじめ搭乗員の方々は、地球がコロナ禍から少しでも早く立ち直れるよう、宇宙船を「レジリエンスresilience(回復力、復元力)」と名づけたそうです。コロナ禍の恐ろしさは、人々がつながりを持ちにくくなり、不安に怯えて他人を傷つけてしまうことにもあります。人を責めるのではなく、お互いの不安な気持ちを認めあい配慮することが、信頼を「復元」する力につがなるのではないでしょうか。

第23回 ②「辛い」を「幸せ」に変える一歩(子ども向け)
 楽しい生活の中にも、「辛い」ことが時々あります。友だちとケンカをしたとき、親や先生に叱られたとき、テストで思いどおりの点がとれなかったとき……。でも、「辛」という字に「一」を加えると「幸」になります。この「一」は、きっと勇気を出して踏み出す「一歩」のことです。傷つけてしまった友だちにごめんねと「一歩」歩み寄ること、叱られた自分を反省して「一歩」前に踏み出すこと、目標の点数をとるために「一歩」だけ努力してみること。その一歩によって辛い経験は幸せに変わるはず。勇気の一歩で、「辛い」を「幸せ」に変えてください。

「学級通信 お役立ちコラム」メニュー

助成物品のご案内

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2020年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス