学級通信 お役立ちコラム

第14回 ①五月晴れと紫外線(保護者向け)
「五月晴れ」という言葉があるように5月は晴天の日が多く、紫外線の量も7月、8月に次いで高いといわれています。かつて「小麦色の肌」は健康のあかしのように考えられていましたが、現在、紫外線の浴びすぎはシミやシワ、皮膚がんの原因になるなど健康影響が心配されています。日本人など有色人種は白人種に比べて紫外線の影響が少なく神経質になりすぎるのは問題ですが、これからの時期、外出や屋外で活動する際は、日傘や帽子、長袖の着用、日焼け止めクリームなどで紫外線対策をして皮膚を守りましょう。

第14回 ②みんなの名前には…(子ども向け)
 もうすぐ先生の家に赤ちゃんがやってきます。先日の検診で女の子ということがわかり、今、名前を考えているところです。ある調査によると、最近、人気の高い赤ちゃんの名前は、男の子は「蓮、律、湊、翔、新」などの漢字一文字、女の子は花や草木や“和”をイメージさせる「咲、桜、楓、結」などの漢字を使ったものだそうです。名前は「こんな子に育ってほしい」「すてきな人生を歩んでほしい」と願いを込めて、お父さんとお母さんが赤ちゃんに贈る最初のプレゼント。みんなの名前にも、きっと家族の温かい思いが込められているのでしょうね。

「学級通信 お役立ちコラム」メニュー

助成物品のご案内

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

「防災はがき新聞」で防災対応力を高める!

2019年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス