(連載コンテンツ)今日から始めるはがき新聞づくり

(2) はがき新聞づくりの指導と教育効果(2015年5月公開)

より効果的な指導法

 第1回で述べたようなはがき新聞の特性を生かし、学習活動を効果的に展開していくためには次のような点に留意してください。

  • ① 新聞名を付ける

    新聞の名前を付けることは、新聞を継続的に発行していくのだという意思表明でもあります。1号限りの新聞を否定するわけではありませんが、可能であれば、自分らしい新聞名を付け、1年間に2~3号は発行したいところです。単発の内容については「図書館紹介特集号」、「職場体験特集号」など「特集号」として発行してもよいでしょう。

  • ② 複数の記事を入れる

    互いに独立した記事が複数並び、どの記事からも読み始められるのが新聞の特徴です。はがき新聞にも2つか3つの記事を入れてください。例えば、ニュース的な記事のそばに自己紹介のコーナーを入れるなど、全く異なる記事を配置しても構いません。

  • ③ 記事には必ず見出しを付ける

    これこそが普通の手紙との決定的な表現形式の違いです。一つ一つの記事に必ず見出しを付けましょう。「簡にして要を得た、魅力的な見出し」を工夫することは要約力の養成につながります。低・中学年では見出しの位置をあらかじめ指定してもよいでしょう。

  • ④ 一番主張したいことを書く

    はがき新聞のスペースは限られています。一番大切な情報、一番自分が言いたいことを書くようにしてください。ニュース記事ではしばしば5W1H(いつ、どこで、だれが、なんのために、何を、どのように)が問われますが、この原則にとらわれる必要はありません。

  • ⑤ ビジュアルを工夫する

    カラー化ははがき新聞の必要条件ではありません。しかし、はがきは小さなキャンバスでもあります。これをどうレイアウトし、色彩を施すかは総合的な創作活動。「見た目が美しく、書く人も読む人も楽しめる」紙面に仕上げることは大切です。

  • ⑥ 複数枚制作する

    発信対象者に郵送・手渡しするだけでなく、原寸大にコピーして掲示したりファイリングしたりして他の子どもたちも見られるようにすれば、相互交流・相互評価・相互学習ができます。印刷して文集をつくることも可能です。自分の作品をポートフォリオ的に保存すれば、学習成果を確認する役割も果たします。ぜひ専用のファイルを用意しましょう。

  • ⑦ 「はがき新聞用原稿用紙」を使う

    はがきとは言え、慣れないとレイアウトの作業はたいへんです。そこで理想教育財団の専用「はがき新聞用原稿用紙」を使用してみてください。子どもの発達段階、経験やレベルに合わせて複数の様式から選べます。もちろん、市販の官製はがきに直接書いても、専用の原稿用紙を貼り付けても構いません。

  • ⑧ フォローアップを大切に

    はがき新聞の発表会や展示会を行い、口頭で感想を述べ合ったり、感想用紙などで評価し合うことも有効です。あるいは、はがき新聞を受け取った家族の方などの声をお聞きするのもよいでしょう。

はがき新聞を活用する場面

次に、はがき新聞を活用すべき場面や機会、方法について考えてみましょう。

一般に以下のようなケースが考えられます。

  • ① お世話になった方への礼状として
  • ② 行事などへの案内状・招待状として
  • ③ 「敬老の日」「母の日」など、お祝いを伝えるメッセージとして
  • ④ 転校生に近況を知らせる便りとして
  • ⑤ 学習のまとめとして
  • ⑥ 観察記録や社会科見学、体験活動の報告・まとめとして
  • ⑦ 自己紹介や目標・決意などをアピールする場として
  • ⑧ 意見を書く用紙として
  • ⑨ 地域の諸組織、他校・多地域との交流の手段として
  • ⑩ クラス、学年などで大きな壁新聞をつくる手段として
  • ⑪ 作文を集めて1冊の文集をつくる手段として
  • ⑫ 年賀状、暑中見舞いの便りとして
  • ⑬ 学級新聞、班新聞、個人新聞の一形態として
  • ⑭ 聞き取り、記録、要約の用紙として
  • ⑮ テストが早く終わった子の自主学習として
  • ⑯ 生活科で行う「お手紙ごっこ」などの交流活動の一環として

はがき新聞の教育効果

最後に、これまでに延べてきたこと整理する意味で、はがき新聞づくりを通して期待できる教育効果について箇条書きにまとめてみました。

  • ① 豊かな人間関係を醸成し、コミュニケーション能力や活動意欲を高める。
  • ② 外の世界への興味や関心を高める。
  • ③ 短作文の力、PISA型作文力の向上。
  • ④ 多様で総合的な表現力の向上。
  • ⑤ 情報発信力に加え、情報のフィードバックなど情報活用能力の向上。
  • ⑥ 相互学習・相互交流の機会の増加。
  • ⑦ 学習の記録、交流の記録としての役割。
  • ⑧ 指導者が評価をする一つの手段・機会としての役割。

なお、ここに挙げたのは、はがき新聞づくり固有の教育効果ではありません。同時に、はがき新聞をつくれば必ず得られる効果でもありません。指導者が子どもの発達段階や目的に合わせた指導を行い、現実に即して常に創意工夫を図ることが期待されます。

(3) 初めての指導でも成功する秘訣に続く

>>はがき新聞をつくろうTOPページへ戻る

今日から始めるはがき新聞づくり バックナンバー

理想教育財団では、はがき新聞の原稿用紙や活用実践例の小冊子などを助成しています。助成物品に関する詳細はこちらの「助成物品のご案内」ページをご覧ください。

「助成物品のご案内」ページはこちらからご覧いただけます。

※助成品の複写・複製および、教育用途以外でのご使用は固くお断りいたします。

目次へ戻る

ページ上部へ