はがき新聞をつくろう!

はがき新聞活用レポート(6)

情報の要点を見極め、的確に表現する力を育成(記事作成:2013年夏)

千葉県千葉市立花園中学校 栗原 尊紀先生

お詫び:報告者の所属学校名は、レポート作成当時のもので、現在と違っている場合があります

 千葉市内最大のマンモス校という花園中学校では、2012年から2年生の授業ではがき新聞を始めました。研究主任の多田健芳先生から、はがき新聞の存在を知った栗原尊紀先生は「さまざな情報を整理し的確に表現する力を養う教育ツールになる」と実感。生徒の「伝えたい内容をコンパクトに書く力」は確実に向上しています。

内容を簡素にまとめる力を養成

生徒が最初に取り組んだテーマは、「自然教室」と「職場体験」(いずれも総合学習)のまとめ。理想教育財団のはがき新聞事例集を参考に、行事で学習した内容を整理しながら、「出来事の羅列にしないこと」「大事な点に絞って書くこと」を栗原先生は強調しました。

まずワークシートをもとに文章の書き方のポイント、見出しの付け方、レイアウトの仕方などを学習。はがき新聞原稿用紙をA4サイズに拡大した用紙に下書きをして、それから清書しました。

「はがき新聞は文章量が短く、短時間で完成するので、生徒は達成感や充実感を得られます。書くことが苦手な生徒も意欲的に取り組んでいました。当初は文字数が少ないと喜んでいましたが、実践してみて逆に文章量少なさに手こずったようです。しかし、作品を重ねていくうちに、言いたいことをコンパクトに書くコツが身についていきました」と当時を振り返ります。

はがき新聞の優秀作品には賞状を授与

職場体験はがき新聞は、300点以上にわたる作品を学年全体で廊下に一斉展示し、生徒たちが作品を評価し合う機会を設けています。さらに生徒の投票で「優秀作品」を選び、賞状を授与することで、生徒のモチベーションも上がっているそうです。

小林幸司校長は「現代社会でグローバルに活動するためには伝えたいことを的確に表現する能力も必要。はがき新聞は書く力のほか、プレゼンテーション能力の育成にもなるのでは」と期待を寄せます。

2012年は、社会科(2012年の心に残ったニュースと、2013年の決意を表現)や委員会活動(図書委員会による図書紹介)などでも、はがき新聞を積極的に活用。2013年からは、研究テーマに「はがき新聞の活用」を盛り込むなど、1年生から3年生まで学校全体で作品づくりに取り組んでいます。

●今回のポイント

  • ① 活用の目的
  • 行事の活動などを振り返りつつ、学習したことを簡潔にまとめ、表現力を育成する。加えて、作品を通して生徒間のコミュニケーションも促進する。
  • ② 評価の規準
  • 体験したことが簡潔に表現されているか。・事実だけではなく、体験を通じて学んだことが書かれているか。
  • 限られた文字数で分かりやすく、臨場感や気持ちが伝わるような文章になっているか。
  • はがきを誰に出すのかをイメージし、その人に伝わるような文章になっているか。
  • レイアウトや見出しなど、ビジュアル面も工夫されているか。
  • 活用の機会
  • 自然教室や職場体験など、行事のまとめ(総合学習)
  • 1年の振り返りと来年の抱負(社会科)
  • 図書紹介(委員会活動)

このレポートの詳細は季刊理想でご覧いただけます。→季刊理想2013夏号はこちら

理想教育財団では、はがき新聞の原稿用紙や活用実践例の小冊子などを助成しています。助成物品に関する詳細はこちらの「助成物品のご案内」ページをご覧ください。

「助成物品のご案内」ページはこちらからご覧いただけます。

※助成品の複写・複製および、教育用途以外でのご使用は固くお断りいたします。

目次へ戻る

ページ上部へ