はがき新聞をつくろう!

はがき新聞活用レポート(18)

はがき新聞を活用した交流型授業で書く力が向上(記事作成:2016年秋)

東京都墨田区立小梅小学校 堀口 友紀 先生

注)報告者の所属学校名は、レポート作成当時のもので、現在と違っている場合があります

東京スカイツリーの近くに立地する墨田区立小梅小学校。5年生を担任する堀口友紀先生を中心に、はがき新聞を授業の教材として積極的に導入し、生徒の文章力の向上やコミュニケーション能力の育成に努めています。最近は、はがき新聞づくりが学校全体にも浸透し、作品を通じた子ども同士の交流も活発になっています。

はがき新聞の実践で記述問題の解答率がアップ

新任教員時代から東京都小学校新聞教育研究会に所属し、新聞を教材として教育に役立てる「NIE」活動に取り組んでいる堀口友紀先生。B4判やA4判の各種新聞づくりと並行して、「いつでも、どこでも実践できる手軽さに加え、すべての子どもが最後まで書き上げるところに魅力を感じて」はがき新聞づくりを開始しました。
 今年の5年生は、3年生のころから堀口先生に指導を受けた子どもたち。2週間に1回程度、各教科や学校行事のまとめなどで継続的にはがき新聞を作成。子どもの書く力は着実に向上しているそうです。
「はがき新聞の作成では、まず大事なことから書くように常に指導しています。社会科のまとめでも『書き出しを工夫しよう』『擬人法を使おう』など、国語科の指導を応用できるのも魅力です。子どもたちの文章力や表現力が向上し、学力・学習状況調査におけるB問題(記述式)の解答率も上がっています」

子ども同士のディスカッションを促す交流型授業にも活用

はがき新聞は、堀口先生が推進する交流型授業にも役立っています。その代表例が5年生の社会科授業で、寒い地方(北海道)と暖かい地方(沖縄)を対比して、その地方の特徴を調べる学習です。子どもたちを2グループに分けて、各地域の「気候」「観光」「寒さ(暑さ)対策」「食べ物」などの特性を調査し、意見交換を行った後、はがき新聞を作成。にまとめ、最終的にそれぞれの作品を掲示して1枚の壁新聞に仕上げていきます。
「子ども同士のディスカッションがありますから、教科書や資料集などを読み込み、ネタ探しに躍起になっていました。本当の主体的な学習というものを実感しました。さらに、友だちとの意見交換を通じて、自分が調べていない知識も身につけられる、協働的な学習法としても有効でした」
 完成したはがき新聞は、班の中で回し読みをさせて、付箋にコメントを書き入れるなど、作品を通じた子ども同士の交流も活発です。最近は「見出しが的確」など、堀口先生が目指す指導のポイントを押さえながら、上手に批評する子どもが増えているそうです。

児童たちがつくった作品暖かい地方の特徴をはがき新聞にまとめ、1枚の壁新聞に(社会科)

●今回のポイント

  • ① 活用の目的
  • 言葉の力をつける。
  • 交流型授業を展開することで、コミュニケーション能力を高める。
  • ② 評価の規準
  • 学習した内容(キーワード)を落とさずに書くことができているか。
  • 相手に伝わるように言葉を工夫して書いているか。
  • 事実と感想を区別して書いているか。
  • 他の子どもたちと交流を深めているか。
  • ③ 活用の機会
  • 教科のまとめ、行事のまとめ、出前授業の感想のまとめ(講師の方へのお礼)。

このレポートの詳細は季刊理想でご覧いただけます。→季刊理想2016秋号はこちら

理想教育財団では、はがき新聞の原稿用紙や活用実践例の小冊子などを助成しています。助成物品に関する詳細はこちらの「助成物品のご案内」ページをご覧ください。

「助成物品のご案内」ページはこちらからご覧いただけます。

※助成品の複写・複製および、教育用途以外でのご使用は固くお断りいたします。

目次へ戻る

ページ上部へ