通信づくりネタ帳【今日は何の日?】 今月のこの日にちなんで

■7月

  • 1日~31日

    愛の血液助け合い運動
     輸血に使用される血液の大部分は保存血液。1964年8月の閣議で血液事業正常化の推進が決定され、週間行事から月間行事になった。また、夏期は献血者が減少することから、1970年に、それまで行っていた運動期間を7月に改めた。

  • 1日

    国民安全の日
     国民一人ひとりが日常生活の場が安全であるかどうかを見直し、これを習慣化するために1928年から行われている「全国安全週間」の初日を「国民安全の日」とすることが1960年に決められた。毎年、この日に合わせて災害防止に功績のあった人を対象に安全功労者内閣総理大臣表彰が行われる。

  • 2日

    ユネスコ加盟記念日
     ユネスコ(UNESCO)は、国連教育科学文化機関の頭文字。ユネスコの目的は「教育・科学・文化を通して諸国民間に協力を促し、もって世界の平和と安全に寄与する」こと。日本は1951年7月2日に加盟した。重点的な活動の目標として「万人のための基礎教育」「文化の多様性の保護および文明間対話の促進」などをあげている。それに基づき、識字率の向上や義務教育の普及活動、世界遺産の登録と保護などを実施している。

  • 3日

    ソフトクリームの日
     1951年7月3日、明治神宮で開かれた進駐軍主催のカーニバルの模擬店でコーンカップに盛られたソフトクリームが販売された。一般の日本人が最初にソフトクリームを食べたのがこの日だといわれている。その後、有名百貨店の食堂、喫茶店などでも次々とソフトクリームが売り出され、わが国のソフトクリーム発展の土台となった。1990年、この出来事にちなんで日本ソフトクリーム協議会が7月3日を「ソフトクリームの日」と制定した。

  • 7日

    七夕
     五節句のひとつで、旧暦の7月7日の夜のこと。日本では新暦の7月7日や月遅れの8月7日か、その前後に七夕まつりが行われている。天の川に隔てられた彦星と織姫が、年に一度だけ会うことができる日だという伝説は、中国から伝わり奈良時代に広まった。短冊に願いごとを書いて竹の葉に飾るという行事は江戸時代から始まったもので、日本独自のもの。彦星(牽牛星)は「わし座のアルタイル」で耕作を、織姫星(織女星)は「こと座のベガ」で養蚕を、それぞれつかさどる星とされている。この日に降る雨は2人が流す涙だといわれている。逆に韓国では、牽牛と織女が一年ぶりに会ってうれし涙を流すために、この日は雨が降ると信じられている。

  • 9日

    鷗外忌
     明治の文豪・森鷗外(本名・林太郎)は、1862年2月17日に石見国(島根県)津和野藩主の典医・森静男の長男として生まれ、1922年7月9日に死去。東京大学医学部卒業後、陸軍軍医となり、派遣留学生として4年間をドイツで過ごす。作家としては、留学から帰国後、訳詩編『於母影』や小説『舞姫』、アンデルセンの翻訳『即興詩人』を発表するなどして文筆活動に入る。一時期創作から離れるが、軍医としてトップに就いた2年後の1909年からまた旺盛な創作活動が再開される。主な作品に『ヰタ・セクスアリス』『青年』『山椒大夫』「澁江抽斎』などがある。毎年、没日には「鷗外忌」として、墓がある東京三鷹の禅林寺と津和野の永明寺を中心にさまざまざな催しが行われている。

  • 10日

    納豆の日
     関西納豆工業協同組合が1981年に地域限定の記念日として制定。その後、92年に全国納豆協同組合連合会が、あらためて全国の記念日として制定した。毎年、納豆クイーンやキングを発表している。

  • 18日

    光化学スモッグの日
     1970年のこの日、東京都杉並区でわが国初の光化学スモッグが発生。立正高校では、体育の授業中だった女子生徒が突然、目の痛みや頭痛を訴えて倒れ、43人が病院へ搬送された。この原因が光化学スモッグだと東京都公害研究所は推定。光化学スモッグとは、自動車や工場から出された窒素酸化物や炭化水素などが、太陽の紫外線で有害な物質に変わって起きる現象。70年代をピークに減少傾向にあるが、ヒートアイランド現象、中国からの大気汚染物質の流入などで増加している地域もある。

  • 19日

    女性大臣の日
     1960年、第2次岸信介内閣の後を受け発足した池田勇人内閣にて、中山マサが厚生大臣として入閣した日。日本初の女性閣僚誕生を記念する日。それから50年以上経つが、まだまだ女性議員、女性閣僚の比率は低い。

  • 24日

    河童忌
     1927年7月24日に服毒自殺をした芥川龍之介の命日は、彼が生前カッパの絵を描いたことと、代表作のひとつ『河童』にちなんで「河童忌」とよばれている。死の8年後の1935年に、親友で文藝春秋社社主の菊池寛が、彼の名を冠した新人文学賞「芥川賞」を設け、今日まで最も有名な文学賞として続いている。

  • 31日

    パラグライダー記念日
     1988年7月31日、北九州で第1回パラグライダー選手権が開かれたのを記念する日。スポーツとしてのパラグライダーは78年頃、フランスで始まったとされている。日本で普及しはじめたのは86年からで、88年にNHK教育テレビで「パラグライダー講座」が放映され、広く一般にも知られるようになった。

  • 第3月曜日

    海の日
     1995年に制定され、96年から施行。当初は7月20日だったが、2003年の祝日法改正により、7月の第3月曜日となった。7月1日から31日までを「海の月間」とし、国土交通省海事局が中心となって、全国各地で様々な海に関するイベントが開催される。

  •  

(『講話が輝く話材の玉手箱』学校例話研究会編/学事出版より)


「今日は何の日?」7月に戻る