通信づくりネタ帳【今日は何の日?】 今月のこの日にちなんで

■12月

  • 1日

    1万円札発行の日
     1958年のこの日、聖徳太子の図柄が入った初の1万円札が発行された。大卒初任給が約1万3000円という時代、このような高額紙幣を発行する必要があるのかという議論がなされたり、新聞でも「1万円札は庶民には高根の花で、ボーナス袋には飛び込んでこない」などと報じられたが、発行後、高度経済成長とともに順調に流通量が増えていった。1984年からは図柄が福沢諭吉になり、2004年からさまざまな偽造防止技術を駆使した新札が発行された。この新札では裏のデザインがキジから京都平等院の鳳凰像に変わった。

  • 1日

    映画の日
     日本で初めて映画が上映されたのが1896年11月末、神戸の社交クラブにおいてであった。その日から60周年にあたる1956年に、日本映画連合会(現・日本映画製作者連盟)の総会で12月1日を記念日とすることが決定された。

  • 2日

    日本人初の宇宙飛行士誕生
     日本人初の宇宙飛行を果たしたのは、当時TBS社員だった秋山豊寛。打ち上げは1990年12月2日のことだった。TBS創立40周年事業の一環である「宇宙特派員計画」として、旧ソ連のミール宇宙ステーションへ派遣された。実は、その計画が進められている時点では、毛利衛が日本人初の宇宙飛行士になるはずだった。しかし、1986年のチャレンジャー事故により毛利の飛行が遅れ、結果、秋山が日本人初となった。

  • 6日

    音の日
     この日は、1877年にトーマス・エジソンが世界で初めて蓄音機を発明した日でもある。この日には、音を通じて文化や生活に貢献した人を「音の匠」として表彰するなど、さまざまなイベントが行われている。

  • 9日

    漱石忌
     明治・大正の小説家、評論家で英文学者。現代日本語を築き上げた人物のひとりでもある。文学の世界では「漱石以前、漱石以後」という言葉も使われる。芥川龍之介や内田百閒など多くの門下生を生み、そのそうそうたるメンバーは「漱石山脈」とも命名されている。

  • 10日

    世界人権デー
     1948年12月10日に「世界人権宣言」が第3回国連総会で採択されたのを記念したもの。世界各国で人権にまつわる行事が行われる。日本では、4日からこの日までを1949年より人権週間と名づけ、さまざまな催しが行われている。

  • 12日

    バッテリーの日
     1985年に「カーバッテリーの日」として、日本蓄電池工業会(現・電池工業会)が制定した記念日。91年に現在の呼び方に変わった。野球のバッテリーでは、ピッチャーのポジション番号が「1」で、キャッチャーのそれが「2」であることから、12月12日を「バッテリーの日」と決めた。

  • 12日

    漢字の日
     1995年に日本漢字能力検定協会が制定し、毎年その年の世相を象徴する漢字一字を京都の清水寺で発表することで有名になった記念日。「いい字一字」の語呂合わせで「1212」=12月12日となった。ちなみに、2010年から2016年までの「今年の漢字」は、「暑」「絆」「金」「輪」「税」「安」「金」となっている。

  • 14日

    赤穂浪士討ち入りの日
     元禄15年(1702年)12月14日の深夜、赤穂浪士47名が吉良上野介邸に押し入り、上野介を殺害し主君の仇を討った日。この事件は『忠臣蔵』の名前で語り継がれている。「赤穂」は現在の兵庫県赤穂市。「浪士」は幕府や藩に属さない「浪人身分の武士」のこと。足軽で唯一参加した寺坂吉右衛門は、討ち入り後に姿を隠し、残りの46名が切腹に処せられた。毎年12月14日には赤穂浪士が葬られた東京・泉岳寺で「義士祭」が行われている。

  • 16日

    電話創業の日
     1890年のこの日、東京・横浜の市内間で日本初の電話事業が開始された。加入電話は、東京155台、横浜42台、電話所(公衆電話)16。当時の電話は、電話交換局を経由して交換手に回線をつないでもらうシステムであり、かける側はまず交換手に話したい相手の番号を伝え、いったん電話を切って待つというものであった。

  • 18日

    東京駅の日
     1914年12月18日に東京駅が完成。それまでは新橋駅が東海道本線のターミナルだった。赤レンガの丸の内駅舎は、戦時中に空襲を受けたが、すぐに修復され、2012年には開業当時の姿を取り戻した。

  • 24日

    学校給食記念日
     1946年のこの日に、GHQ、ララ委員会、日本政府立ち会いのもとで、東京の永田町小学校でララ物資の贈呈式が行われたことに由来する記念日。

  • 26日

    プロ野球誕生の日
     1934年のこの日、現存するなかでは日本最古のプロ野球チーム「大日本東京野球倶楽部」(読売巨人軍の前身)が創立された。当時、日本では大学野球が全盛だったが、アメリカのベーブ・ルースらメジャーリーグ選抜軍を招待し対戦するため、急遽結成されたチームだった。翌年は日本チームがアメリカ遠征を実現。その際、チームのニックネームが必要になり、現地でこのチームの顧問をしていたフランク・オドゥールがニューヨークジャイアンツに在籍していたことから「ジャイアンツ」となったという。読売巨人軍の「巨人」はそのジャイアンツを日本語にしたもの。

  • 27日

    浅草仲見世記念日
     1885年12月27日、東京・浅草の仲見世が新装開業したことを記念する日。レンガ造りの新店舗、139店が開業したことにちなんでいる。1923年に起こった関東大震災で甚大な被害を受けたが、すぐに鉄筋の建物の再建が進んだ。往時の賑わいはないものの、東京スカイツリーの開業などで再び脚光を浴び、内外から多くの観光客を集めている。

  • 30日

    地下鉄記念日
     1927年のこの日、上野・浅草間に東洋初の地下鉄(現・東京メトロ銀座線)が開通した。区間距離2.2キロ、所要時間4分50秒、運賃は10銭圴一。「東洋唯一の地下鉄道」というキャッチコピーが打たれ、開通日には1日10万人近くが乗車、2時間待ちの行列ができるほどの人気が出たという。

  • 31日

    大晦日
     1年の最後の日。「大晦日(おおみそか)」または「大晦(おおつごもり)」とも。「晦日」は毎月の末日のことであり、「晦」はその別名で「月隠り(つきごもり)」が転じたもの。大晦日には、1年の間の罪や穢れを清めるために、宮中や全国の神社で「大祓い(おおはらい)」が執り行われる。年越しの夜のことを「除夜」と言い、かつては年神様を迎えるために一晩中起きている風習もあった。除夜の鐘は108つ鳴らされるが、これは仏教の考えで人には百八の煩悩があることを意味している。鐘をつきながらひとつずつ煩悩を取り除き、清らかな心で正月を迎えようというもの。

(『講話が輝く話材の玉手箱』学校例話研究会編/学事出版より)


「今日は何の日?」12月に戻る

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

平成29年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

第10回理想教育財団教育フォーラム

理想はがき新聞グラフィックス

平成30年度教育シンポジウムin高知

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス