通信づくりネタ帳【今日は何の日?】 今月のこの日にちなんで

■10月

  • 1日~

    赤い羽根共同募金
     共同募金は、人々がともに生きていこうという「たすけあい」の精神のもと、1947年(昭和22年)、第1回の共同募金運動が全国的に展開された。その配分は、児童保護や育児事業などに重点がおかれ、民間の社会福祉施設や福祉団体、生活に困っている人たちの支援に活かされた。その背景には、戦禍による打撃のため、戦前は6700余もあった民間の社会福祉施設は、3000に減少し、その運営も困窮を極めていた。共同募金は、これらの施設の整備・復旧に大きな役割を果たした。赤い羽根は、アメリカで共同募金の象徴として使われていたもの。

  • 1日

    法の日
     10月1日は「法の日」。これは、国民が法の役割や重要性について考えるきっかけとなるように1960年に制定された。1928年10月1日に陪審法が施行されたことで、翌29年から同日を「司法記念日」と定めたことに由来している。また、1947年10月1日は、最高裁判所発足後、初めて最高裁判所で法廷が開かれた日でもある。

  • 4日

    富岡製糸場開業の日
     1872年(明治5年)10月4日、明治政府が日本の近代化のために最初に設置した模範器械製糸場、それが富岡製糸場。明治政府は、諸外国と対等な立場にするため、産業や科学技術の近代化を推し進めた。その資金調達法として目をつけたのが生糸の輸出。政府は生糸の品質改善と生産向上、ならびに技術指導者育成のため、洋式繰糸器械を備えた模範工場を造ることにした。その建設に尽力した一人に渋沢栄一がいる。同製糸場は1987年(昭和62年)まで操業を続けた。約1万5千坪の敷地内には、開設当時の建物が多くはそのまま残っており、2006年(平成18年)に国の重要文化財に指定され、2014年(平成26年)には「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録された。

  • 4日

    里親デー
     家庭環境を奪われた児童らは「国の保護を受ける権利を有する。国の代替的監護には里親委託、養子縁組、または施設収容を含むことができる」とされている。1994年に日本が批准した「子どもの権利条約」でも、児童が受けるべき保護の最優先に里親制度を挙げている。

  • 5日

    達磨忌
    「ダルマさん」の愛称で知られている達磨大師は、中国に初めてインドから禅の教えを伝えた人物。「ダーマ」とも呼ぶ。528年10月5日に150歳で没したといわれている。一説には毒殺とも。禅宗では、その忌日を「達磨忌」として法要を行っている。

  • 6日

    国際協力の日
     日本の政府開発援助(ODA)は、1954年10月6日にコロンボ・プランに参加したことから始まった。このコロンボ・プランは、50年に提唱された、アジアや太平洋地域の国々の経済や社会発展を支援する協力機構のことで、開発途上国のための国際機関。その日を「国際協力の日」と定めた。

  • 9日

    世界郵便デー
     1874年10月9日、スイスのベルンで、全世界を一つの郵便地域にすることを目的に万国郵便条約が22カ国の代表により調印され、万国郵便連合が発足したことを記念する日。現在では、万国郵便連合は国連機構の一つとなっている。日本は1978年に加盟。全国圴一料金で、切手を貼って投函すれば相手に届く近代郵便制度は、1940年にイギリスで始められ、1971年4月に日本に導入された。

  • 14日

    鉄道の日
     1872年(明治5年)9月12日(新暦10月14日)に新橋と横浜間に日本初の鉄道が開通した。これに加えて、1921年(大正10年)10月14日、鉄道開業50周年を記念して、東京丸の内に鉄道博物館が会館したことを記念して、当時の鉄道省によって制定された。

  • 20日

    リサイクルの日
     10月20日の「10」が一回り、「20」が二回りということのごろ合わせで、日本リサイクルネットワークが1990年に制定。この記念日を発展させ、通商産業省(現・経済産業省)ほか8省庁が10月を「リサイクル推進月間」(現在のリデュース・リユース・リサイクル推進月間)としている。

  • 27日

    文字・活字文化の日
     2005年(平成17年)に定められた文字・活字文化の振興を総合的に推進するための国や自治体の基本的責務に関しての法律が「文字・活字文化振興法」。再販制度の維持や著作権保護の充実をあげている。読書週間の初日がその日と定められた。

  • 31日

    ハロウィン
     万聖節(11月1日、キリスト教であらゆる聖人を記念する祝日)の前夜祭が「ハロウィン」。古代ケルト民族の祭りが起源といわれている。その後、古代ローマ、キリスト教の要素が加わり、定着していった。
     仮装した子どもたちが町を練り歩き、扉をたたいて「お菓子をくれないといたずらするよ」と言ってお菓子をねだるのは、祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子をまねしたもので、中世のなごり。カボチャをくりぬき、刻み目を入れて、内からろうそくで照らすのは「ジャックランタン」とよばれるハロウィンのシンボル。日本では、90年代の終わりごろから定着し、大きなイベントとなっている。

  • 第2月曜日

    体育の日
     東京でオリンピックが行われたのは1964年10月10日開会の第18回夏季オリンピックである(1940年夏季大会も決まっていたが、開催権を返上)。この日を記念して、1966年から「体育の日」として国民の祝日とした。2000年から「ハッピーマンデー制度」の適用で、現在は10月の第2月曜日が「体育の日」となっている。

  •  

(『講話が輝く話材の玉手箱』学校例話研究会編/学事出版より)


「今日は何の日?」10月に戻る