「はがき新聞」ワークショップのご案内 はがき新聞を使った授業づくり~45分で仕上がる「はがき新聞」~

理想教育財団では、下記内容で「はがき新聞づくり」ワークショップセミナーを開催いたします。はがき新聞に取り組んでみたいと思われる先生はぜひ、お気軽に参加ください。
講師の德永先生は、はがき新聞の授業実践に取り組まれている
帝塚山大学 現代生活学部こども学科の准教授です。
実際のはがき新聞づくりを通じて、はがき新聞の理解を深めていただき、明日からの授業にお役立てください。

講師:德永加代先生 (帝塚山大学 現代生活学部こども学科 准教授)、日時:平成29年9月3日(日)14~16時

はがき新聞とは はがきサイズやそれより少し大きなサイズの、新聞形式の原稿用紙を使った作文です。新聞形式の、相手意識と目的意識を持たせたコンパクトな作文なので、生きた言語活動としてさまざまな場面で活用できます。見出しを考えることでまとめる力もつきます。楽しくイラストなどを入れたり、文字の飾りや着色を工夫したりすることもできます。しかもコンパクトなサイズなので制作に時間もかからず、苦手な学習者でも楽しく取り組めます。はがき新聞を取り入れることで、子どもの豊かな学びが期待できます。

はがき新聞に関してはこちらの「はがき新聞をつくろう!」ページもご覧ください。

→ ワークショップのお申込みはこちらからどうぞ